浜松でニューヨークスタイルの輸入住宅に住むこと

  • 遠鉄沿線や磐田市などで輸入住宅での家づくり

    • 静岡県浜松市内を走る鉄道路線の一つに遠鉄があります。
      遠鉄とは遠州鉄道の鉄道線の通称で、新浜松駅と西鹿島駅の間を結ぶ路線です。
      浜松市内には、静岡県湖西市の新所原駅と静岡県磐田市の掛川駅を結ぶ天竜浜名湖線もあり、この路線は途中駅の西鹿島駅で遠鉄への乗り換えが可能になっています。


      浜松市は静岡県の西部に位置するエリアであり、このエリアの事を遠州地方と言います。

      あなたが探していた遠鉄の磐田輸入住宅情報はこちらに集まります。

      静岡県の中でも人口および面積が最大であり、隣接する磐田市は天竜川を境にした市です。

      最近は輸入住宅を利用した注文建築を考える人が多くなっていますが、従来の輸入住宅は日本の気候に合わないなどと言われていました。

      T-SITE情報を見つけましょう。

      しかしながら、壁体内に防湿シートを用いて断熱を行う、ベタ基礎部分に換気口を設けて通気を良くするなど、日本の風土に合う工夫を行う事で耐用年数を長くする事が出来るようになります。


      磐田市や浜松市には輸入住宅の見学を行う事が出来る住宅展示場が多数あります。

      注文建築で家づくりを行う時など住宅展示場でハウスメーカーの比較を行う事や家のデザインを見てイメージ作りを行う、モデルルームはアイディアが多数あるので、家づくりのためのヒントを貰う事も出来ます。



      さらに、遠鉄は鉄道事業だけではなく、住宅事業も手掛けており、浜松市内や掛川市、袋井市など、磐田市から近いエリアに住宅展示場が用意してあるので、これから注文建築で家づくりをしたい、輸入住宅で洋風の家を作りたい時など見学をお勧めします。